ネイルサロンの経営で得れる年収は

今日のテーマは【ネイルサロンの経営で得れる年収は】です。

これは、お勤めされているのか、経営しているのかで大きく変わってきます。ですが、経営しているからと言って年収が高いとは限りません。むしろ経営しているからこそ、年収がうんと低いという事も多々あります。

2005年~2010年の、いわゆるネイルバブル期には、誰でも何でも【ネイルサロンを開けば儲かる】という時期でした。この時期に、ネイルサロンを経営していた人は多少の財を得たのではないでしょうか?私もその一人です。

ですが、その頃から「この時期は長く続かない」と常に危機感を持っていました。業界が発展すると、大手が参入し、価格破壊とオーバーストアが起こるのはどの業種でも起こる現象だからです。案の定、ネイル業界も同じ道を辿りました。

私のセミナーでは「お金」の話も多いのですが、ネイリストさんにはドンブリ勘定の方がとても多いです。そういう私も、昔はドンブリ勘定でした。ランニングコストや粗利益や経常利益など完全に無視して、感覚で経営していました。ネイルサロンは、仕入れも少なく、分母(売上)も小さい、ましてや借入してまで経営されてる方が少ないので家計簿感覚で出来てしまうのが理由ではないかと思います。

ネイルサロン経営で得れる年収は、やり方次第です。ランニングコストや、労働分配率、経常利益を考えずに、ただただ値段を下げるような経営では得れる年収は相当低いと思います。

これらの事は、経営をしていく上で、重要な事柄ではありますが、ただ、売上や年収を最重要事項にする経営=お金を追う経営は長くは続かないとも思います。

何に焦点を当てて経営をしていくのか、結果として売り上げや年収が上がる仕組み、最低限知っておきたいお金の事など

【ネイルサロンの「お金」にまつわる超簡単セミナー】

開催します。

お申し込みはライフビューティネイルプロショップまで。

 

リピーターの多いネイルサロンとは

今日のテーマは「ネイルサロンのリピート率」についてです。

ネイルサロンにおいて、新規集客と一緒、もしくはそれ以上の最重要課題です。リピーターが増えなければ、サロンの未来はありません。

毎月、多額の広告費をかけて新規集客をしていても、リピート率が悪ければ、その広告費は全て無駄金です。ネイルサロンが陥る悪循環に

1、多額の広告費をかける。

2、なのに新規集客できない。

3、だから、どこよりも安くして集客を狙う。

4、サロンの魅力が「値段が安い」ことなので、正規料金になると失客する。またはそれ以上に安い価格のネイルサロンが出て来たので、またもや集客が落ちる・・・・

だからまた値段を下げる・・・・の悪循環スパイラルに陥るサロンさんが多いです。

確かに、お客様からすると価格の安さは魅力的です。安くでサービスを提供できるのは企業努力の賜物でもあります。

要するに、価格が安い事が悪いのではなく、それがそのサロンの1番の【魅力=売り】になっていることが問題です。隣に、もっと安いサロンが出来ると、そっちにお客様はサロン替えをされます。

一般的に、キャンペーンなどを設けてプライスダウンしている時のリピート率はいいけど、正規料金に戻ったら失客するという悩みをよく伺います。それは残念ですが、そのお客様にとって、価格と内容が見合ってなかったというジャッジをつきつけられたという事なのです。

ですから、安さ以外のサロンの魅力を持つことが大切です。うちのネイルサロンは、顧客率95%でリピート率は約70%です。故に新規集客に広告などは出す必要がなく、毎月信頼関係の出来ているお客様がご来店頂くのでノンクレームのやりやすい環境でお仕事をさせて頂いております。

ですがうちのネイルサロンはリピート率70%で満足してはいません。残りの30%のお客様にリピートして頂けなかった事を考え、反省し、改善していく・・・17年間答えが出ることなく常に追求していく姿勢をスタッフ全員が持っています。お客様を綺麗にしていく仕事をしてる私達にとって、これは永遠のテーマであり、もしかしたら答えはないのかもしれませんね。

そんなお話もセミナーではさせて頂いております。ワークショップ形式で皆さんの悩みやご相談も承っております。

■【リピート率70%奇跡のネイルサロンの経営術セミナー】その他各種セミナのーのご案内はコチラ